人気ブログランキング |


「ざんねんな人生」からどうなるのかわかりませんが、ちょっと思ったことをつぶやきまする。 コメントは一度目を通させて下さい。そしたら公開しますかもです。


by maosuzu

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

うさぎとカメ
at 2019-10-22 06:54
びっくりしてばかり
at 2019-10-21 15:52
オットはサイコパスでは無い
at 2019-10-21 00:48
カサンドラ症候群も受け入れる
at 2019-10-19 00:22
三歳児人格に戻った瞬間
at 2019-10-16 06:18
ネットの中に「私」はいません
at 2019-10-15 23:37
光刺激対策をいくつか試してみ..
at 2019-10-15 06:00
台風の後の仔猫
at 2019-10-14 14:19
秋の台風は心が静かです
at 2019-10-12 05:15
夫のASDを受け入れた時のこと
at 2019-10-11 05:37
カサンドラ症候群の相談 初期..
at 2019-10-10 06:41
ミニ模様替え
at 2019-10-08 20:23
エンパス?HSP?
at 2019-10-07 20:47
人格解離と、アスペルガー症候..
at 2019-10-07 04:31
世界疾病分類(ICD)による..
at 2019-10-07 02:34

カテゴリ

つぶやき
ASDな夫との暮らし
撮った写真
自己紹介
特異体質???

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月

最新のコメント









外部リンク

タグ

画像一覧

ブログジャンル

発達障害
40代

エンパス?HSP?

これも人には言っていないし、だれにでもあるものだと思っています。

エンパスというのは、精神世界の言葉なのかもしれませんが、

相手のすべてが流れ込んできてしまうというものです。

でも、「思い込み」なのかなあ?とも思っています。

そんな、他者の気持ちや感情や痛みや疾患や、悩みやその人の周りの情景まで見えるということは、今のところあり得ないとも思っています。

だから、想像力が大きいのかなとも。


HSPで、過敏症みたいなその場の雰囲気や人の感情や感覚、人に限らず、どの生き物に対しても感じます。

ふつう、モノには感情もなければ、痛みもないということはわかっているのですが。


ただ、この二つは、精神的に従属を強いられてきた生育環境で、

自分の心を守るために発達させた防衛の方法だったのかもしれないと思っています。


気が付きすぎるというより、危機を直感でわかるということが、まず、倫理的な思考ではなくて「そうか」という感じでわかります。

悪いことだったら、そんなの当たらないほうがいいのです。

でも、虐待をされていた時に心身の身を守るための「危険の察知」は生き延びるために必要でした。


そんなに敏感ではなく、そんなに人のことがわかるわけでもないのに、

もしかしたら、そういう環境が、エンパスだったりHSPに似た特異体質を育てたのかもしれないと思っています。


オットが今までイキグルシイと感じてきたことを、

こまごまと挙げたら、

占いに当たった!みたいに驚いていたので、

エンパス特有の、「相手の心身に起こっていることを、自分が体験してしまう」という状態だったのではないかと思ってます。



でも、「あ、私が感じているのではなく、その人の感覚だ」と気が付くと、ふっと楽になります。

結構あけっぴろげに生きているので、

うまくバリアが張れてないのですが、

逆に「近づくと危ない人・場所・時間」が分かるから便利だなあと思います。


相手の顔が笑っていても、

「危険な人っているんだなあ」って思います。

思い込みかもしれませんので、

失礼のないように、

二回までは様子を見て、三度目は「やっぱり」と関わらないようにしています。



そんな、危険な人で充満した場所ではない場所に住んでいて、

今は、とても楽です。





by maosuzu | 2019-10-07 20:47 | 特異体質??? | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。